東日本大震災から1年

3月11日で東日本大震災から1年が経ちました。

14時46分、家族と黙とうをして祈りを捧げました。


テレビではたくさんの特番が放送されていましたね。

被災された方々の色々な想いや体験、

日本人だけでなく、救助の手を差し伸べてくださった

多くの国の方々のたくさんの心温まる声も伝えていました。


その中で、遠くロンドンにいる息子さんが

書き込んだツイッターのおかげで

障がい者施設の施設長さんであるお母さんと子供たちを

救助することができたということを知りました。

ロンドンはあまりにも遠すぎて諦めてしまいそうなのに、

お母さんと子供たちに助かってほしいという強い想いが

人から人へリレーしたんですね・・・本当に奇跡のようなことに、

嬉しくて、有難くて、私まで泣けてしまいました。

そのお母さんが「地震のことを早く忘れたいと言う気持ちもあるけれど、

決して忘れてはいけないと思う」とおっしゃっていました。


一年経ってもまだ復興は厳しい状態で、その道のりは遠く

被災者の方々にとっては辛い現実だと思います。


でも、時間が経っても私たちは絶対にこのことを忘れずに、

時には頑張って、時にはさりげなく、復興のために

手を繋いでいきたいな・・・と改めて思いました。



被災された方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。


 
| bukutyan | - | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://diary.limetree-rt.com/trackback/888538