晩秋の作品展 

 “あとりえfu-ro” のお花達と一緒に出迎えてくれたのは“まざーず・どりー夢”のパッチワークでした。“まざーず・どりー夢”の作品はすごく可愛いんです!

ハウスやサンボンネット・スー&ファーマーズボーイ(女の子と男の子)のトラディショナルなパッチワークのパターンやお花の刺繍やアップリケがいっぱい!色合いもとても優しい作品ばかりです。



加藤先生まざーず・どりー夢 の加藤先生。
先生は優しいオーラがある方で、一緒にいるだけで癒されます。
先生の作品は素敵なだけでなく、お人柄そのものの、温かいぬくもりを感じます


ハウス1ハウス2 

可愛らしいハウスの壁飾り。ハウスの中には笑顔がいっぱい 


本当は大作がたくさん飾られていたんだけど、なぜか上手に写せなかったので、ご紹介できないのがとても残念です・・・。

今回の作品展にはトールペイントの作品も飾られていました。
絵心がないと絶対無理!というくらいの、すごく綺麗な作品がありました
トールペイント言うと可愛い絵が印象的ですが、今までのトールペイントとは違う、とても美しい絵が素敵でした
こちらもお見せできなくて残念です。。。 

時々こうして手仕事の作品を見ると、心がほ〜っと温かくなりますね〜
なんだか、幸せだなぁ・・・  

 

| bukutyan | - | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://diary.limetree-rt.com/trackback/888511