いくつになっても
 今日はパスポートの更新に行ってきました。新しいパスポート用の写真を撮ったんですけど、あ〜あ、何だかガッカリ…ムニョムニョ 10年前の写真とは明らかに違う…。証明写真って、どうしてあんなに正直に年齢が出ちゃうんでしょう。でも、今日はそんな私に年を取るのもそんなに悪くないかなぁと思わせてくれる映画に出会いました♪
 「60歳のラブレター」日本中で交わされた86441通の、夫から妻へ、妻から夫へ綴ったラブレターメールピンク を元に作られた映画です。3組の熟年世代のご夫婦のお話。
 一緒に年輪を重ねたからこそ分かり合えることもあるし、分かっている気になっていることもある。3組の全然違うタイプのご夫婦なのに、それぞれの会話のどれにも「そんなことってあるなぁ」って思ってしまいました。
 映画を観終わって思ったのは、お互いに自分の気持ちを伝えることの大切さ。「有難う」とか、「美味しい」とか、そんなことでもいいから言葉を掛け合ったりするのって大事だなと思う。もちろん、時には愛情を伝えられたらもっと良いけれどポッ
 二人で歩んだ人生には色々なことが起こって、時々波風立ってしまうこともあるけれど、いくつになっても夫婦の愛情は変わらないものだなぁと思いました。熟年世代の心はまだまだ熱いなぁ、そんな素振りは全然見せないけれど、二人の愛情と絆は若い頃よりもっと熱いかもラブ たくさんの先輩達のように、うちもそんな夫婦になりたいなぁ…なんちゃっててれちゃう
 
| bukutyan | - | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | -









http://diary.limetree-rt.com/trackback/859519