伝統と豊かな自然の国、イギリス 
 田園風景とお別れして、大都会ロンドンへやって来ましたバス 今まであまりにのどかな風景ばかりだったせいか、何だか違う国へ来たようです。
 最初は歴史がいっぱいつまった大英博物館へ行きました。教科書で見たロゼッタ・ストーンを見て感激見る! もしこの石が見つからなかったら、エジプトの歴史は現在のように詳しく解明されたかどうか、分からないですよね。ロゼッタ・ストーンには何が書かれていたのか、知りたくなりました。エジプトのミイラは人間ばかりでなくネコやワニ、ヘビもいるんですね。そしてミイラの柩は紀元前のものなのに、どれも色彩が鮮やかに残っていました。また、館内には巨大な古代ギリシャの神殿の遺跡も展示されていて、屋内ということが信じられないくらい見事で巨大な遺跡がたくさん展示されていました。あっと言う間に時間が経ってしまったので、まだ見ていない部屋がいっぱい。ちょっと不完全燃焼な感じですムニョムニョ 大英博物館だけで2−3日は必要かもしれません。
 翌日は丸一日自由行動の時間だったので、バッキンガム宮殿、ビッグベン&国会議事堂、ウェストミンスター寺院、セント・ポールズ大聖堂、そしてコヴェント・ガーデンに行って来ました。
 バッキンガム宮殿はなんと、中に入って見学することが出来ました!夏の間、女王陛下がお留守の間だけ特別に公開されていたんです。昔、使っていた…というのではなく、現在も使っていらっしゃる調度品や、国賓がおみえになった時の晩餐会のテーブルセッティングがそのまま再現されている広間などを実際に見ることが出来て感激でしたてれちゃう

バッキンガム宮殿


有名な衛兵さん


 その後で地下鉄を乗り継いでビッグベン&国会議事堂、ウェストミンスター寺院、セント・ポールズ大聖堂を見学しました。地下鉄でんしゃ は初乗り4ポンド、日本円で約900円もするのですが、一日乗車券を買うととても便利で、駅の案内も比較的分かりやすかったです。イギリスの建造物は、(もちろんそれぞれ建てられた時代は違うのですが)格式が高く、荘厳な美しさがあるように思いました。イギリスに対して抱いていたイメージそのままが建物になった感じですYES!

ビッグベン


ウェストミンスター寺院


 最後は自分の卒業したアロマセラピーのスクール、ニールズヤードの本校があるコヴェント・ガーデンに行きました。個性的なお店がたくさん立ち並ぶ街です。小道がたくさん交差しているので分かりづらく、ニールズヤードもそんな小道の奥まったところにありました! ショップに入ると、まずたくさんのハーブが並んでいるのが目に付きました。精油やフラワーエッセンスなどを購入して満足、満足!でも本当はトリートメントを受けてみたかったので、時間がなくて本当に残念でした〜!コヴェント・ガーデンのお店も色々と見て回りたかったです〜!

ハーブがたくさん並んだ棚


ニールズヤードの前でポッ


 賑やかな夜のピカディリー・サーカス(あの空中ブランコとかのサーカスではなくて通りの名前です)をちょっとぶらぶらと歩いてイギリス最後の夜はおしまい。朝から夜遅くまで目いっぱい動き回ったけど、まだまだ回っていないところがたくさんあって、今度はもっとゆっくりロンドンを見てみたいなぁと思いました。それからスコットランドにも足を伸ばしてみたかったなぁ。ちょっと欲張りな夢を抱きつつ、今年の夏の旅行は終わりました。

ピカデリー・サーカスの紅茶屋さんで

 
| bukutyan | - | 02:22 | comments(2) | trackbacks(0) | -
ぶくちゃん、ごぶさたしております。
お元気そうで、何よりです。
イギリスの素敵なお写真を拝見しました。
いいなあ、コッツウォルズ、湖水地方。
憧れの地です。私もいつか訪れたいと思います。


| R's Garden | 2008/11/14 12:49 PM |
R's Garden さん、お久しぶりです!
コメント有難うございます!嬉しかったです☆

イギリス、特にコッツウォルズは本当に良かったです。
自然と人間が共存していて、一緒に歴史を紡いでいる
感じがしました。
アロマセラピーや自然療法が大切に受け継がれてきたのが
分かる気がします。
また色々とお話したいですね!
| ぶくちゃん | 2008/11/14 11:55 PM |









http://diary.limetree-rt.com/trackback/767716